2016.10.19 Wednesday

歯の保存 挺出術

こんにちは、むらまつ歯科の瀬川です。

今回は歯の保存ついてお話しします。

 

歯の治療を繰り返すと残っている歯の量は失われていきます。

残っている歯が少なくなり歯ぐきの下までなくなってしまうと、

精密な治療ができなくなり予後が不良になることが多いです。

そんなときに歯を歯ぐきの上に引き上げる挺出術という方法があります。

 

挺出術とは簡単に言うと歯の根っこを引っ張りだす治療法です。

 

引き上げる歯にはフックを固定します

両側の歯には支えになるワイヤーを接着剤で固定します。

ワイヤーとフックをゴムで結びゴムの力で根っこだけの歯を引き上げます

 

引っ張りだした後に歯ぐきと骨の位置だけを元に戻すために、

歯肉弁根尖側移動術という外科処置を行います。

 

期間はかかりますが、歯の寿命を伸ばすためには必要な処置です。

大切な歯を守り、生涯、自分の歯で食事できることは生活の質を高めます、

そして健康寿命が伸びることに役立ちます。

 

この方法を使うと残っている歯を歯ぐきの上に引き上げることができ精密な治療が可能になることがあります。

治療を繰り返している歯の治療の際はご相談してください。

 

注意点

すべての歯にこの治療法が適応できるわけではありません。

残っている根っこの長さ、骨の状態、歯周病の有無、横の歯の状態、かみ合わせ、

歯の割れ方などの条件により適応できないこともあります。

 

 

医療法人社団
むらまつ歯科クリニック
http://www.muramatsu-dc.com/


コメント
コメントする








   

トップページ

インプラント

※インプラントに関する情報は
インプラントサロン芦屋のブログでご紹介しております。

審美歯科

ホワイトニング

矯正歯科

クリニック

研修実績

新着情報

過去の記事

プロフィール

ブログ内検索

ブログモバイル版QRコード

qrcode

芦屋の歯科医院むらまつ歯科クリニック。インプラントサロン芦屋・スマイルサロン芦屋併設

芦屋のインプラント専門サロン。インプラントサロン芦屋

インプラントサロン芦屋ブログ

ページトップへ戻るボタン

RSS/Atom

むらまつ歯科クリニック 院長のFACEBOOK
END link -->