2016.07.06 Wednesday

歯科治療の考え方

こんにちは、むらまつ歯科クリニックの瀬川です。

今回は歯科治療の考え方についてお話しします。

原則として歯の治療は

1:残存組織の保全 (今のお口の中の環境を守ること)

2:機能回復 (咬むことができる、話すことができるようにする)

3:審美 (見た目の回復)

を治療目標にしています。

 

そのなかで悪くなってしまった歯を治療することができるかを診断する必要があります。

歯のクオリティーの判定のために

1:レントゲン写真

2:カラー写真

3:歯周組織検査(歯の周りの骨の状態、歯肉の健康状態の確認)

など必要な資料をとらせて頂き診断していきます。

 

資料の情報から

1:残すことができない歯

2:残すことで他の組織に害を及ぼす歯

3:残さない方がメリットの多い歯

を判定してから相談の上で歯を残すかどうかを相談させて頂く形になります。

治療の際疑問等ございましたらご質問ください。

 

医療法人社団
むらまつ歯科クリニック
http://www.muramatsu-dc.com/


コメント
コメントする








   

トップページ

インプラント

※インプラントに関する情報は
インプラントサロン芦屋のブログでご紹介しております。

審美歯科

ホワイトニング

矯正歯科

クリニック

研修実績

新着情報

過去の記事

プロフィール

ブログ内検索

ブログモバイル版QRコード

qrcode

芦屋の歯科医院むらまつ歯科クリニック。インプラントサロン芦屋・スマイルサロン芦屋併設

芦屋のインプラント専門サロン。インプラントサロン芦屋

インプラントサロン芦屋ブログ

ページトップへ戻るボタン

RSS/Atom

むらまつ歯科クリニック 院長のFACEBOOK
END link -->